スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミが無ければ無のようなもの

ボクはキミのご両親の前では “無”の様なもの

ボクの想いさえ ご両親の前では劣るだろう

キミの創造主であり 愛の源なのだから


ボクはキミの骨が 少しだけ少しだけでも欲しかった

だが そんな事をどうして言えよう?
言葉にする事さえ 恐ろしい

愛する我が子を どうして欠損させれようか


嗚呼 ボクのこの想いさえ
キミのご両親の前では “無”の様なもの...


---------------------------------------------------

キミがいれば 神の存在さえ信じたのに
いない今 信仰できる 清き心など持てぬ

嗚呼 キミが在れば
美しい祈りの言葉を 毎夜キミにおくれるのに

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。