スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラクタでできた小さな街

カカシみたい 木偶の坊になって
つっ立っていたんだ

見渡せる限りの地平線 指でなぞって遊んでいた

そしたら指に鳥がとまって
だけど どうやら息をしてないみたい

カラフルだったから 連れ帰る事にしたんだ


そいつの腹を割ったら ネジが溢れて
いつか誰かに 「お前の頭はネジが抜けてる」って言われたの思い出したよ

だから大切にしようって ここに在る


この部屋に在るのは ガラクタばかりって言われるけど
僕に足らない 何かがある気がして 捨てられないんだ


ある時 ハイテクな街から来た女が僕にゆった
「貴方に足らないのは ネジじゃなくって目玉よ」

そんな言葉は すぐ頭から抜けて
後ろに太陽浴びて輝いた その髪は綺麗だなって思った
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。